「明日はこっちも降るらしいよ」

「明日はこっちも降るらしいよ」と彼女は言った。私はふーんとつまらなさそうに返事をした、居候として受け入れてみたはいいものの、私はまだ彼女の名前のすら知らず、また彼女のほうでも私の名前なんて知らない。それでいいんだろうなと思う。 無職でどうし…

sketch 32

高いビルの上についているあの、赤い色のランプが好きだ。 夜の中で明滅する赤い光。33歳の知り合いのお父様が亡くなられたそうな。 時間は待ってはくれない。生きている意味を感じなければ、どうやって生きていっていいのかわからない 傍にいたかった。 で…

光について Ⅱ

結局ぼくたちが光について言えることなんていくつあるのだろう。 「君はぼくの光だ。」なんていう、ただ恥ずかしいだけでもはや古代のものとなった定型文を、最初に考えついた人間にノーベル文学賞のひとつでもくれてやりたい気持ちになる。そうしてそんな言…

新世界より

世界は一つしかない。世界はたくさんある。 多元宇宙とかそういう科学的な話ではなく、主観の話。 私の世界は私にとって一つしかない。私の見ている・感じている世界は一つだけなんだけど、 他の人にもこれは言える。なぜなら私はその人とは違う個体だから、…

sketch 31

正月でした。あけおめ今年もよろしくお願いいたします。 なんつーか、年末ぐっちゃぐちゃだったんですが、実家で食べては寝て食べては寝てを繰り返しているうちに、多少元気になりました。父には働くということについて、説教をされたけどそれは全く間違って…

Camellia

1朋が首を切ったとき、翠はほかの男のことを考えていた。 朋は頸動脈をカミソリで深く切り、身体の奥深い場所にある血はどれだけ赤黒いのか、翠に教えてくれた。 朋は翠が好きだったから、翠が他の男のことを考えているのも知っていた。だから頸動脈を切っ…

sketch 30

文学フリマ - 第二十六回文学フリマ東京 開催情報に出ようと思っています。 「ユートピアのユーフォリア」を加筆して文庫サイズにしたものと、 あと一冊短編持ってこうと思っております~ (まあまだ参加料振り込みもまだなんだけど)断薬チャレンジ!してみ…

救済と喪失 2

なんかあれよあれという間にやっぱり頭まともじゃなくなってきたので 私の好きなキリストの言葉を書く。 「 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」ナイフや刃物や鈍器でなく…

救済と喪失 1

割と今日頭がまともだったんでいろんなことを考えていました。 煙草を買いに夜中コンビニに行ったら道の途中で職質された冬。人生で初めてでした(しなくてもいい経験) おまわりさん「はーい。家出ですか?」 私「ち、ちがいます…」 おまわりさん「免許証見…

sketch 29

空があんまり空っぽだった 早く暖かくなってほしい 山茶花が咲き始めて美しい 髪を切りました(前髪だけだけど)ひどく塞ぎ込んでて、ただ疲れている 最近オアシス→さユり→シロップのループ入れてるな〜 何も考えないで1日眠り続けたいと思う 次の三連休はいつ…

好き好き大好き超愛してる。

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫) 作者: 舞城王太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2008/06/13 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 141回 この商品を含むブログ (107件) を見る この本超好きです 突然の不安感ばくはつでもどうしたらいいのかわ…

本日未明

ポルカドットスティングレイのメジャーデビューに伴い、 カラオケ配信始まったようですね!大正義かな?と思ったけど違うらしいので、私の好きな 本日未明は入っていないようですね! ねえ いくつも私は傷ついて泣いたからその輝きはやめてくれないか最初か…

メンタルヘルスに名前を付けて保存

一日起き上がれなかったので寝ていた、そんな日もあるよね 前進どころか幼児退行しているところがあるので書けるようなことない…最近新しい小説を書き始めているんですが、オムニバス形式の 全く交わらない人々の営みをつなぐものとしてアイドルというものを…

my three(dead end ver.)

骨の髄まで凍らせるような寒さでした私はもうさいきん、不眠恐怖になっていて、眠れなかったらどうしよう、という焦燥感で薬爆買いして、 60確保したその日に60おわらすという暴挙 なんか気候が良くてちょっと調子がいいとかそんなレベルではない日本の秋、 …

Oasis/Stand By Me

Made a meal and threw it up on Sunday I've Gotta lot of things to learn 日曜日にごはんを作って全部吐いた 俺には学ぶべきことがたくさんあるSaid I would and I'll be leaving one day Before my heart starts to burn いつの日かここを出ていくといっ…

数十億年

こんなに淋しい夜があるということを、彼女は信じられない。 毎日毎日やってくる夜の、振り返られることもなくベッドの向こうに消えていく夜の、 そんな夜に、そんなに淋しい姿があってはならない、と彼女は思っていた。金木犀の香りがしていた。空気があま…

切りのない話

話を一つ/PERIDOTS君はくすぐったいところをついてくるが 僕はずっと聞いていた 意味のないものの一つ ときには笑って心閉じてみるが 君はずっと聞いていた 意味のないものの一つ僕の何が君を傷つけたかわからない 僕はそんな僕を許すことしかできない これ…

sketch 28

金木犀のいい匂いがしている 三連休、眠って、眠って、眠っていた。 あたまいたーい気づいたら秋も深まっていので、 旅に出なきゃいけないんだけど、

sketch 27

あんま書くことないんですけど、今日から10月ですね。 私は仕事をやめようとぼんやりと考えています。ま、まだ入社して1年経ってないんですけど そうなると私の父親はすげえなあ。。。とか、母親もすげえなあ。。。とか思ったりします。みんな優しいし、理解…

sketch 26

本当によく似ていて、でも違うんだよな。 よくよく見ればそれは全く別の人間なんだ。 あの人とあなたと私は、にているというだけの別種なのだ。 なにに悲しんでいるのかわからない。 私は

ユートピアのユーフォリア

ユートピアのユーフォリア普通に分割しないと長すぎるので、続きを読むボタンをつけました。 文フリに出そうと思っていたのですが、次いつ参加できるかわかんないのでここに置いておく。。。 本にできても無配にするかプラスアルファしようと思います。

台風一過を挟んで

晴れたな。風が気持ちよくって バカンスは終わることを前提としている

西が丘マンションの悪魔

西が丘マンションには悪魔が住むという。その悪魔は大昔、好きだった女の子に振られてそこで命を絶って以来、一人で暮らす女の子達を次々襲っては魂を奪っている。らしい。でも俺は男だからそんなことにはならない、と泰幸は言っていた。私は泰幸の部屋が好…

gravity

24歳から今まで一途に追いかけてきた人を、10月目標にすきであることをやめま、す。 好きであることをやめるっていう日本語がよくわからないけど 引き合うからには何か意味があった。私にもあったし向こうにもあった。 叶わないなら泡になって消えていいなん…

anymore

もういい、これ以上いい、もうしなくていい、そう思ってるのに何度も繰り返している もうこれ以上傷つかなくていい、傷つけなくていい、傷つきたくないし、傷つけたくない、でも同じことを繰り返してる 本当は、何もかも取り返しがつかなくなるまで壊したい…

she was a beautiful monster

すごい寒くて困っています。。。 今年の夏は、夏じゃない!「確かに私の心は善良です。でも、私は化け物なのです」 マ・メール・ロワ。人間の心を持った怪物と、 怪物の心を持った人間、どっちがいいんでしょうか?昔、私の中は空虚で、自分に穴が空いている…

sketch 25

夏と雨の匂い。 夾竹桃と百日紅の色。 センチメンタルを孕んだ熱風。 私はウィルス性胃腸炎にかかり2日会社を休んだ。 その間に会社を辞めようかとも思った。 そしたら健康保険とか失業手当とか次の職のこといろいろ考えなきゃならなくなって辛くなった。 薬…

ハローCQ

最近クラシックをよく聞いています。 歌でイメージ膨らませていって、結局器楽曲(ピアノが多い)でそれをまとめていくような 身の内の悪魔がのたうつこういう夜に 頭が狂ってないと生きてすらいられないと思う これは逃げなのかもしれない、ただ私は気持ちよ…

sketch 24

夏だーー 私まだ6月の気分でいたけど、もう7月だった(というか半分過ぎていた) あっつーい!くらいしか言うことない 色んな事考えているけどブーゲンビリアとかノウゼンカズラとかああいう、いっぱい咲いてる花好き エンゼルトランペットとかも好き

光について Ⅰ

Ⅱがある予定だったんですけど、ないです。 最近書きたいもののイメージが膨らんで来たので、ようやっとなにかものを書けるようになれそう。 あまりに強い光がいやで、でも暗くなるとそれはそれで不便だし不安になる。 下記、かいたのは多分2016/3だったかと…