3歩進まず50歩下がる

お久しぶりです。近況を書く書くと言いつつ全然書いていません。
お友達に手紙を書く書く言って全然書けていません。何書いていいのかわかりません。
人生にドラマはありません。
とても安定した生活を送っています、朝起きてご飯を食べ、掃除をして好きなことをして、薬を正しく飲んで眠るという。
本当に普通の生活を送っています。

なので報告というほどの報告もないのです。
私は薬物中毒から抜け出すために実家に戻ることを選択したのですが、
たまにそれを後悔するときがあります。
このまま私はずっとここにいて、一人で立ち上がることもできずになあなあに生きて死んでいくのかなと思うと非常に怖くなります。
なので早く元気になって、またなんとかして職を得て、東京に戻りて~~みたいなことばっかり思っています。

ただ今の生活は一人で全部やらなくていいのでそこは非常に楽です。
ありがたみを感じます。

私はこの町で生きていくという決心はまだつきません。
私の人生は私だけのものであり、代わりに誰かが生きてくれるわけではないので、私が選ばなければ。
母はとても悲しいと言うし、この家に一生縛り付けておこうとする意志をガンガン感じるのですが。
人は元来孤独にできているのだと思います。
私は私のために他人を犠牲にしてしまうことを厭わない人間だと自覚しました。

夢をみるのをやめろ、これ私のここ5~6年ずっとずっと言われ続けてきたキーワードなんですけど、
それを言われるたびに私には反骨心のようなものがぶわっと沸き起こります。
夢を見ているわけではないです。夢をかなえようとしているというだけです。
現実見られないわけじゃないです。可能性を見ているだけです。

でもそう語るには実績と信頼を少しずつ積み重ねていかないといけないんだなあと思っています。
なので今その作業を一つずつやっています。

マイスリーのことはいまだに夢に見ます。
病院に間に合わなくてものすごい焦る夢とかも見ます。

私に残された時間がどのくらいあるのか、自分ではわかりません。
でもできることからやっていくしかないと自分に言い聞かせます。
たまに、いつもの穴の存在を感じます。
奈落の底を。

つまんない話になっちゃったけど、そんな感じで日々を生きています。

sketch 39

お久しぶりです。近況はまた別に書きます。生きています。生きているのでまだマシです。

たまに突然ものすごく会いたくなります

人は声から忘れていく、とどこかのなにかで読みました

とても好きだった声が、たしかに思い出せなくなっている

私はこのままどこにいくのか、とても不安になる夜、出されることのない手紙を何枚も書き、今日も大事に引き出しにしまう

燃やすこともできない想いは身体の隅々を駆け巡り、私の胸は苦しくなる

美しい思い出は苦しい、今でも生々しい傷跡が癒えることなく私の中に横たわり、色鮮やかに赤く蘇る

胸の真ん中に穴をあけたまま、

たぶんこれからも生きていくのだろうな

悲しみを笑い飛ばせ、私は旅をしている

sketch 38

本当はとても辛かった。

報われない想いや、伝わらない気持ちや、間違えてしまったことや、伝えきれなかった、あるいは歪んで伝わってしまったこと、あなたが私と違うこと、別の気持ちを持っていること、社会、世界、吹く風、夏草、遮断機の音、一人でいること、夜、孤独、くる朝、なにもかも、あらゆるものに、傷ついて

平気な顔をしていたが

誰のせいでもなかったから

本当はとてもつらかった

 

sketch 37

地元に帰る前にTHE PINBALLSライブいくことにしました!
やったー!楽しんでいこうと思います。

最後の楽しみ。

最近WOMCADOLEが再結成したみたいですね!


【MV】 WOMCADOLE / 綺麗な空はある日突然に

めっちゃ苦しい歌だけどとても好きです
「自転車のライトが消えて何も見えない
早くこの場所から/逃げ出したいな/出られるかな
君の場所目指した/世界の終りの日にも
僕は走りながら言う 歌おうか
そこで泣いてる君に 聞こえるかな
教えてくれよ/教えて」

仕事行かないでダラダラしていると気が狂いそうになります。
先輩が言っていた「そりまちは愛される才能があるよ」
友達が言っていた「そりまちさんは海を抱えているようなものだから」

不安なことたくさんある、身体の機能がぶっ壊れたみたいに突然泣き出してしまう。
休みが必要だ(ユニコーン

ラブストーリー大賞に出すためにラブストリーを書いているんですが、つっまんねえなやっぱラブストリーは向いてないなと思いつつも、書いているうちにだんだんん面白くなってきたからこのまま進めていこうと思います。まず、間に合うのか。
そのあとは日大文芸の章に出す小説を書こうと思っています。
不労所得がほしい。

散歩していたりすると、ふと思い出の場所に出会ったりする。
10年間いろんなことあって、もう十分傷ついて傷つけたから、少し休もうと思っています。
といっても簡単なバイトくらいはしよう……

悲しみが押し寄せて涙になって流れて、また引いて、また打ち寄せて、
「私の目の後ろには海がある。だから私はそれを全部泣いてしまわないといけない」
うろ覚えだけど、好きな詩。

私の中に広い海があって、悲しみの海があって、とりあえず誰かにそばにいてほしいと願っています。死んだ方がマシだと思うし、
生きてても負債を重ねていくだけで、うまくいかないことばかりで、不安でどうしようもなくて笑うことも出来なくて、
季節を感じることもできない。
それでも神様、明日も生きていかれますように。

遠い町の朝焼けを見ていた

人生は美しくなくて
私はついに10年住んだ東京を離れ、一度実家でリセットすることにしました。
だけどまた東京にはできてきたいと思っているので、早く体を治したい。
失ってしまったものあありすぎて、もうそれは二度と手には入らなくて、
私はこれからどうやって生きていったらいいのか、とても不安で怖くて、
どうしようもない日々をおくっています。