好き好き大好き超愛してる。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AJCM3QS/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

この本超好きです

突然の不安感ばくはつでもどうしたらいいのかわかんなくなって泣き出して、電話してしまった。

今も心臓ばくばく言っているのをなんとか誤魔化そうとしてるけどどーにもならないかもしれない。

弱々の自律神経が…ぜんぜん自律してない。

天気が悪いのかもしれない。寒すぎ、冬かよ!!

突然訳のわからない不安や恐怖が降りかかってきて、最終的には泣き出す(泣くと多少スッキリする)、私はやっぱり好きな人に電話かけて、その頃薬でラリってるからどうしようもなく断片的な会話しかできない

何が不安なのかわかんないならできることないし、やる気もないし、どうしたらいいのかわからないしとにかく迷惑なんだよ

と、マジレスをいただいてしまった。

これはいよいよダメなやつだなと思う。もういよいよダメなやつ。私が作ったんだから私が壊さないと

「この電話で俺にすごくストレスがかかって、明日自殺したらどうも思うよ?」

「いやです」

「でもそれは逆のパターンもあって、この電話を正面から受け取らず、拒絶されたと思った私が明日自殺したらどうですか?」

命を盾にするのは嫌いだ

辛くても辛くても生きていかなければいけない。

生まれたのだから。死の情動は絶えず私を揺り動かし、そちらの世界に誘うけど、もう二度とやり直せないんだよ

 

そう、その人との関係も、もう二度とやり直せないんだよ。時間は巻き戻らないし、評価が変わることもない。

潮時というやつなのかもね。

私が作ったんだから、私が壊さないと

 

昔から私は与えられてばかりで、他人に与えることをしてこなかった。与えることができていたのかもしれないけど、自覚としてはない。人々は私に愛を与え続けている。私が愛を与えたい人間は、私からの愛を受け取ってくれない。

高校の頃、不登校でさ、男友達が毎週ジョジョを10巻くらいずつ持ってきてくれて、続きが読みたかったら学校に来なさいと言われて、そういう思い出。

彼は私のことが好きだったけど、きっともう違う場所で幸せになっている。

 

私は与えたい。愛情を。もっと優しくしたい。もっと優しくしたかった。こんなことをしたいわけじゃなかった。もっと別の形で渡せたらよかったのに。いつも傷つけることしかしない。

 

好き好き大好き超愛してる、のなかで、割愛するけどバディの女の子が死んだと聞いて、一緒に死のうと言いながら主人公は自殺しようとすると、止められる「それは一時の情熱」だということを知っているから。

愛は、とても偏る。

私人を幸せにできないどころか自分の幸せからも猛ダッシュで逃げてる

 

ほんとはもっと優しくしたかった。

与えたかった。

でも私の与えたい人は、私から何も欲しくない。

その人に心をあげてしまって、じゃあその心を別の人にあげればいいのかもしれないけど、それはその人のために作ったから他のには変えられない。埋葬して時が経って風化するのを待つしかないのよ。

愛して欲しい、不安だと言った時、泣いた時、大丈夫、何も不安じゃないといって、抱きしめてほしかった。

何も叶わなかった。

 

私はあなたの、そういう理解しようともしないところが嫌いです。

と、言った。涙が出ると楽なんだけどなかなか出てこないな

さよーならを言わなければいけない。

もうこれ以上、なんの見込みもない。遠くに行きたい。遠くで幸せに生きててほしい。ほんとうに愛していた、独りよがりだったかもしれない、

でも本当に愛してたんだよ。人の魂はその人のものだ。うまくいかない。

愛しすぎてないってことは、愛してないということなのだ。

なかなか伝わらない。私本当は誰のことも愛してないのかもしれない。感情を押し付けて

他人はただのサンドバッグか?と思う

でも誰に弁解でも弁明するつもりない、私は愛してる

私は愛してる

これを人はメンヘラと呼び境界性人格障害と呼ぶ医者も中にはいるだろう。

私は愛されたいのと同時に愛したい。与えたい。与えられない。うまく与えられない、優しくもできない。

人として生きていくのに欠けてるのかもしれない、最初から

努力はしてる 私の人生だから

傷を分かち合って、泣ける夜が来たらいいのにと思う。今まで受けて来た傷が全て溶けて無くなって、新しい生き物に生まれ変われたらいいのに。そんなものはない。だから私は今日も生きて、恥をさらし、人を傷つけ、同じくらい自分を傷つける いつか楽になれたらいい

妄想と現実の区別をつけてと言われても、私の現実はこれなんだ

今までの罪が溶けてなくなればいい もっと優しく労わりあったり、優しくしたり、自然にできるようになりたい

 

 

本日未明

ポルカドットスティングレイのメジャー―デビューに伴い、
カラオケ配信始まったようですね!

大正義かな?と思ったけど違うらしいので、私の好きな
本日未明は入っていないようですね!

ねえ いくつも私は傷ついて泣いたからその輝きはやめてくれないか

最初からあなたの手 知らなきゃよかった
右手にはナイフを 左手には似たようなナイフを持っている

あなたは私の夢なんて見ない
そう思ってるのは私だけで、もしかしたら見てるのかもしれない
心の底のかけらに、思う気持ちがあるのかもしれない難しい

私は与えたい
でも与えたい人に限って私に与えさせてはくれない

メンタルヘルスに名前を付けて保存

一日起き上がれなかったので寝ていた、そんな日もあるよね
前進どころか幼児退行しているところがあるので書けるようなことない…

最近新しい小説を書き始めているんですが、オムニバス形式の
全く交わらない人々の営みをつなぐものとしてアイドルというものを出し……マクロスかよ
そんなことを思っていました。
相変わらず薬1日30錠!とかやってるとそれが常態化して、
仕事では大人になれよ!と言われる
何も捨てなくても行ける場所があるのではないのか?と思っている

本を読まなきゃ…ずっと積んである
今日もメンタルヘルスに名前を付けて保存
開くと文字化けしてる

my three(dead end ver.)

骨の髄まで凍らせるような寒さでした

私はもうさいきん、不眠恐怖になっていて、眠れなかったらどうしよう、という焦燥感で薬爆買いして、
60確保したその日に60おわらすという暴挙
なんか気候が良くてちょっと調子がいいとかそんなレベルではない日本の秋、
my three(less and dead end)

Oasis/Stand By Me

Made a meal and threw it up on Sunday I've
Gotta lot of things to learn
 日曜日にごはんを作って全部吐いた
 俺には学ぶべきことがたくさんある

Said I would and I'll be leaving one day
Before my heart starts to burn
 いつの日かここを出ていくといったよね
 俺の心が燃え始めてしまう前に

So what's the matter with you?
Sing me something new...don't you know
 だけどそれが一体どうしたっていうんだろう?
 なにか新しいのを歌ってよ

The cold and wind and rain don't know
They only seem to come and go away
 寒さとか、風や雨なんかは、ただそこを通り過ぎていくだけってことを君も知っているだろ?

Times are hard when things have got no meaning
I've found a key upon the floor
 意味のないことをしてるときってすごくつらい
 床の上に鍵を見つけたんだ

Maybe you and I will not believe in the things we find
Behind the door
 たぶん俺も君も、そのドアの向こうに何があるのか信じないんだろう

So what's the matter with you?
Sing me something new...don't you know
 だけどそれが一体どうしたっていうんだろう?
 なにか新しいのを歌ってよ

The cold and wind and rain don't know
They only seem to come and go away
 寒さとか、風や雨なんかは、ただそこを通り過ぎていくだけってことを君も知っているだろ?

Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
 そばにいてよ、これからのことなんて誰にも分らないんだし
 そばにいてほしい、この先起こることなんて誰も知らないから

If you're leaving will you take me with you
I'm tired of talking on my phone
 もし君がここを離れるというのなら、一緒に連れて行ってくれないか
 電話で話をするのは疲れたんだ

There is one thing I can never give you
My heart will never be your home
 一つだけ君に与えられないものがあって、
 俺の心だけは君の家にはなれない

So what's the matter with you?
Sing me something new...don't you know
 だけどそれが一体どうしたっていうんだろう?
 なにか新しいのを歌ってよ

The cold and wind and rain don't know
They only seem to come and go away
 寒さとか、風や雨なんかは、ただそこを通り過ぎていくだけってことを君も知っているだろ?

Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
 そばにいてよ、何がどうなるかなんて誰にも分らないんだし
 そばにいてほしい、この先おこることなんて誰も知らないから
 そばにいてよ、何がどうなるかなんて誰にも分らないんだし

Stand by me...nobody knows the way it's gonna be
 そばにいてほしい、この先おこることなんて誰も知らないから


Oasis - Stand By Me

数十億年

こんなに淋しい夜があるということを、彼女は信じられない。
毎日毎日やってくる夜の、振り返られることもなくベッドの向こうに消えていく夜の、
そんな夜に、そんなに淋しい姿があってはならない、と彼女は思っていた。

金木犀の香りがしていた。空気があまく、熱くも冷たくもなく、彼女はなんとなく気持ちがふさいでいて、熱でもあるんじゃないかなと思って、部屋のベランダを開けた。
そこに、その淋しい夜があった。
夜は彼女に「淋しい」と一言も言わなかったが、その黒さや、深さや、温度や湿度や星々から彼女は夜の寂しさを深く理解してしまった。
そうして突然ぽろぽろ涙を流してしまったから、これはもしかして彼女の方が切なかった、寂しかったのかもしれない。
この真っ黒な空間に、白くてきれいな花でも撒いてやったら、少しは元気出るのかな、彼女はそう思った。
この星でついさっき、知らない誰かが死んだのかもしれない。だからこんなに淋しいのかもしれない。そうも思った。
彼女は恋をしていた。それも関係あったのかもしれない。

とにかく夜は、ただその淋しさを晒して世界を覆っていた。
彼女はしばらく涙を流して、淋しい気持ちで、そのまま眠りについた。明日のことなど考えないで。ベッドに潜ってもしばらく、彼女は涙が止まらなかった。それくらい淋しい夜だった。

切りのない話

話を一つ/PERIDOTS

君はくすぐったいところをついてくるが
僕はずっと聞いていた 意味のないものの一つ
ときには笑って心閉じてみるが
君はずっと聞いていた
意味のないものの一つ

僕の何が君を傷つけたかわからない
僕はそんな僕を許すことしかできない
これが愛を避けてることになるというのなら
僕はザイルを手放すんだ

僕らの街に移動遊園地がきた
君は遠くを見ているが
僕は眼鏡をはずすだろう

切りのない話しを一つ
僕らの話題を一つ

とてもせつない。歌ですね。