sketch 42

10月っすわ〜!!もうあと1ヶ月で人生に区切りがついてしまう

毎日雲の形眺めてるの楽しい、全部違うの 空の深さも色も

人はすぐ忘れるが、光や水や風や土を

わりと人生には必要なものなんじゃないでしょうか

まあ私はお金や名誉なんかもほしいほしがりなのですが

だからそういうのいらない、ただ自分の仕事をコツコツとやり続け、注目もされない、振り返られもしない、でもそんなこと気にもしない、そういう人間を尊敬します

金木犀の枝をもらったので玄関に飾った いい匂いがする

ex-若者のすべて

夏が終わる〜〜ッッッ

夏、終わり唐突すぎて毎年ついていけないけど、この終わり方は結構好き。私は波が寄せて返すのをずっと見ていた。波が引いて、また来ると思ったらもうそれは二度と来なかった。唐突。私は足元の貝殻を拾って、海を見つめる、だけどやっぱり波はもう来ない。最後だと知らなかった。それが最後だと知っていたなら、もっと、違う、何かをしたのに。

終わりを告げずにいなくなる、夏っていつもそんなんで勝手なところが好きだ。

もう風が涼しいんだ。

 

世の中っていろんなものあるなあっていつも、いくつ歳をとっても思ってしまう。昨年の今頃考えもしなかったようなことがたくさん起きる。運命という簡単で雑なまとめ方しそう、たとえ短い時間だけでも、今ここで会えたことはなにかの意味があると思わずにいられない。世界は私にたくさんのものを与える。

空が青い〜とか、無秩序な雲のかたち、思い出せなくなったもの、足元のアリ、草の色、葉っぱのつき方(芸術的!)、花が咲いている。最後の朝顔のグラデーション、何一つ同じものがない世界、不思議、ヤバい

多分世の中から不幸や悲しみがなくなったりはしない、人が生きる限りそれはあり続け、誰かを苦しめ、誰かを泣かせ、でも悲しみがあるから私たち喜びを感じることができる。悲しみを礎にして愛を確かめることができる。

あなたが傷ついているなら私はそばにいたいと思う。誰かを慰めたりするのあまり得意じゃなくて、なんて言ったらいいのかわかんないしご飯をうまく作れるわけじゃないし運転が上手くないしどこに連れてったら喜ぶとかもよくわかんない(コミュニケーション能力の欠如)

でもあなたが悲しいなら私はそれを知りたい、知ってあなたの望むことをしたい。

私のとても大切な人が、好きな人と離れなくちゃいけなくて

私にできることあまりに少ないけど、元気にしてあげるにはどーすればいいのかなと考えている。

彼女が私にしてくれたこと、あまりに多すぎて 私はなにを返せるだろう?

でも今まで東京にいたときとは違う、今は割と近くにいるから、そういうタイミングを逃さずここにいられたこと、私がちゃんとそれを選べたこと、なにか意味を持たせることができるだろ

まとまりがないけどそういうことを思っている

私に与えてくれたすべての人へ

私はなにを返せるのだろう?

とりあえず私は働く お仕事は結構楽しい 給与は低いが(つらい)

夏じゃん

夏じゃん!!!気づいた!!

実家帰ってきて一年経ちました。はえーよ 足抜けできねえな 耐えられない空虚が襲いかかるたまに、抗えない恐ろしさ

愛されてえよ〜ってわめく、愛さないのに、幻をずっと見ていて

私なんでも好き、なにもかも、影や光や声や温度や湿度やまつげや振る舞いのすべて、心、美しく見えて

でもそれ実物とはきっとかけ離れてて

ほんとはこの世のどこにもない

でも捨てられないもの

いつでもめちゃくちゃほしいの、現実 触れる身体、幻像じゃないもの

心には形がないからいつも確かめずにはいられない、みんな確かめなくても生きていけるのすごい

もっと簡単に愛したり

信じるってあまりに漠然としててなにを、信じる? 私自分の知覚すら信じられないことよくある

たぶん満たされないそういう予感が

安心したい、不安にならなくてもいいように 触れていたい すべて自分のためだけに

いつだってすべて、自分のためだけに

歌みたいな恋なんて

そんなもんはねえわ〜〜〜〜!!!!現実はそれを36倍希釈したもの!!

すべてがまぼろし!!!

後ろを振り返るな!走れ!

そうしないとなにか恐ろしいものに捕まってしまうんだ!!

走れ!逃げろ!!世界の果てまで!!

 

あなたは私を見つけられない。私はあなたを探している。私はあなたを見つけられない。誰かが私を探している。私は見つかりたくないから逃げる。誰かが私を見つけにくる。私は逃げ続ける。しかし私は見つかってしまう。私は誰かを見つけてしまう。あなたをもう見つけられない。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
あ~~~年明けてしまったん???オワ

人生どうですか?
ついに20代最後の年になってしまいました。
人間的にクソなのでなんにも長続きせず焦燥感だけが募っていきます。ヤバイ!ヤバイヤバイ!

夢なんてないんだなとかなりたいものもやりたいこともないんだなと思いました。
なんてつまらん人生なんだ
面白くしたいよね

正月ボケが抜けていませんが残り3か月一生懸命ニートとして生きたいと思います。

sketch 41

あっという間に冬になりそうです。
また一つ歳をとりました。昔は思い描いていた「大人」からはかけ離れた人間になっています。

寒いといろいろ辛いよね。
私は寒い時期にいろんな悪いことが重なって、あんまり冬にいい印象がないので春になるまで冬眠していたいです。
いつまでたっても色あせない、とけることのない呪い。

寒くなっていいのは、星空がきれいに見えることです。
もっと山の方にいけば満天の星空を見ることができるんだろうけど、さすがに夜道の車の運転しかも山、はハードルが高いのでだめです。
オリオン座がはっきり見えます。痛いほどに寒いです。

光が降ってくるイメージがあります。
何枚かのガラスを通して、やわらかくにぶくなった光が降り注いでくるイメージ。
そういう日がくればいいのになあと思っています。
なにか赦しのようなものを与えられる日。
私はいつだって待ってばかりいます。

うーん、最近は手に職つけるためにコーディングの勉強を始めました。
在宅で働けるようになるのが目標です。何年かかるかわからないな……。

日があっという間に落ちるようになってきました。
山の稜線が光って、空は薄い水色からオレンジのグラデーションに染まります。
自然というものをもっと感じられるようになれたら、私は自らの「存在」を少し手放せるようになるのかもしれません。

自分の「存在」にしがみついていると、けっこう苦しいことばかりです。
今世ではできるだけ徳を積んで、来世は絶対草になりたいです。